エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

与那国島の海底遺跡は人工物ではない自然現象の理由

シェアする

沖縄県の与那国島の海に沈む謎の巨石があります。直線的に切り取られたような岩や、柱が立っていたような丸い穴など、人工的に作られたと思われる不思議なものが・・・。思わず「何だコレ!?」と言ってしまいそうなミステリーとは?

スポンサード リンク

与那国島の海の中にある巨大な海底遺跡

沖縄県の与那国島に巨大な海底遺跡があるみたいパラ。 画像

人工的に造られた与那国島の海底遺跡説

この海底遺跡は人工的に造られたという説や、自然にできたものという説があるぞ。まずは人工的の説を見ていこう。6000年以上前のものと考えられいるこの遺跡は、一見すると人工の遺跡に見えて、6000年前の日本に高度な技術を持った超古代文明が存在したかもしれない。

ぬぉ?どういうことパラ?

階段状の石組みやモアイ像と呼ばれる巨石、人工的に造られた遺跡にしか見えない地形が数多く見られるこの海底遺跡だけど、海底以外にも与那国島では陸にも巨大な人面石が発見されているんだ。調査をすると、ある研究者はこの一帯にかつて高度な文明が栄えていたという研究結果を出している。 画像 画像

やっぱり人間が造ったものじゃない♪

そもそも海底遺跡は水深約10~20m程度の場所にあるけど、1986年に地元ダイバーの新嵩喜八郎さんが巨大な一枚岩を海底に発見したことから大きな話題になったぞ。全体の大きさは、東西約250m、南北約150m、高低差約25m。まるで巨大な石の神殿のような構造をしていた。 画像 頂上に続く階段状の石、通路や大広間、柱が立っていたと思われるような穴、誰しも海中に沈んだ古代遺跡ではないか?と考えるようになったんだ。 画像 画像 画像

”メロン”パラ~♪

”マロン”でしょ。

”ロマン”だ。

自然に出来た与那国島の海底遺跡説

自然にできたっていうのはどういうことパラ?

アメリカの有名なドキュメンタリー番組「ディスカバリーチャンネル」も興味津々で取り上げらことがある。6000年前の海底遺跡だと話題になったから発見当初はこの遺跡が日本史を覆しかねないオーパーツの可能性があるといわれていた。

日本の大発見だよ~☆彡

専門チームを作っていろいろと調査をした結果、与那国島の海底遺跡と呼ばれる海底地形からは人口のものであることを示す証拠は一切見つかっていないそうだ。

ぬぉ?階段がちゃんとあったパラ。

階段状の地形や溝や縦穴は、一見人工物のように見えるけど、自然の風化や潮流の影響で説明できるものばかりだった。宮崎県にある鬼の洗濯岩 画像 や、イギリスにある巨人が造ったといわれる六角形の石 画像 も潮の力で奇跡的な形になっているぞ。

それならそれなら、人の顔した岩は~?わたしあの画像を見たときぜったい人がつくってるとおもったよ~☆彡

与那国島の海底にある「立神岩」や陸にある「人面岩」も、潮風にさらされ続ける岩が奇妙な形に風化することはよくあること。人面岩の大半が奇跡的に人の顔に似た形になっている。彷徨う人の魂がそうさせたのかもしれないけど、そこは人それぞれ考え方が違うぞ。海底遺跡が人口のものであるという考古学的証拠がないことや、与那国島の実在の遺跡群とこの遺跡に何一つ整合性がないことも明らかになっているんだ。

自然ってすごいパラ・・・。人間の発想力もすごいパラ・・・。

実は、写真ではわかりにくいけど、この遺跡が平らじゃないんだ。10度ほど傾いている。人工の遺跡なら不自然な角度だ。

結局どっちパラー!?

世界遺産には多くの自然現象によって生まれた形が登録されている。そこから総合的に考えると、人の手で造られた可能性よりも自然の力で造られた可能性の方が高い

う~ん、なんかふくざつ~。

っとはいえ、この遺跡からは自然の脅威を垣間見ることができる!価値としては十分だ!

”メロン”パラ~♪

”マロン”でしょ~☆彡

だから”ロマン”だ。