エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

何だコレ!?地獄の声(インドネシア)スアラナラカの原因とは

飛行機墜落事故や遭難事故が多発するインドネシアの山があります。地元の方は「地獄の声」がすると言うのです。思わず「何だコレ!?」と言ってしまいそうなミステリーとはいったいどのような現象なのでしょうか?

スポンサード リンク

地獄の声がインドネシアの山から聞こえる

インドネシアの山から地獄の声が聞こえるみたいパラ・・・。どういうことパラ・・・。

なにその恐怖的なミステリアスな山・・・。わたしの五感が”その山はあぶない”って言ってるんだけど・・・。

インドネシアのスマトラ島北部、プラスタギ高原の中央にある山だ。この山の標高2145mのシバヤック山の南側中腹には、スアラナラカ、通称「地獄の声」と呼ばれる穴があるぞ。この穴は、直径2000m、最深部まで300mにもなるすり鉢状の穴をしている。


(出典:daimaohgun.web.fc2.com)


(出典:onikowa.com)

地獄の入り口みたいパラ・・・。落ちたら終わりパラ・・・。あの世にこんにちわパラ・・・。

この穴に古くから地元の人々は決して近づかなかった。「命が惜しければスアラナラカには近づくな。悪魔が住み、地獄の声が聞こえて、恐ろしい死を遂げる」と言い伝えられているんだ。なぜか動物も近づかずに、植物すらも生えていない。そしてこの付近では遭難や航空機墜落が昔から頻発している場所なんだ。

スアラナラカの調査

だれか行ったひとはいるのかな!?こういうばしょが好きなひとっているじゃない。

1956年に調査に入ったぞ。総勢9人、地上で7人が待機して、まずは地質技師のギルバートと測量士のフレーデルが穴の底へ降りたんだ。穴の斜面は砂地で、周囲にも毒性の物質は含まれていなかった。底近くには蜂の巣状に横穴が並んでいることもわかった。

なにも起きなかったパラ?地獄の声は聞こえなかったパラ?

特に毒性の物質や超常現象は発見されなかったにも関わらず、測量士のフレーデルは突然悲鳴を上げて頭を抱えるように倒れたんだ。引き上げられたフレーデルは顔面蒼白だ。

地質技師のギルバートも底へ降りて穴の底に到着したが、フレーデルと同様に悲鳴を上げて引き上げられたんだ。ギルバートは気絶してしまった。

穴の中にがいたんだよ~!二人はどうなったの~?

二人は意識を取り戻したが様子がおかしかった。病院に運ばれて検査をすることになった。すると、二人は三半規管が完全に破壊されて、平衡感覚が失われていたんだ。まるで宇宙空間にいるようにフラフラしてしまい、立つことも難しくなっていた。2人は死ぬまで回復する事はなかった・・・。

地獄の声の原因

地獄の声はだったパラー!?恐怖パラー!!

調査したら、穴の中に低周波音が検知されたぞ。この低周波が底付近の蜂の巣状の横穴や、すり鉢状の穴に反響し合って増幅して、結果的に強い音波を発生させていたんだ。その強烈な音波によって、生き物の三半規管を破壊していた。

超音波だったパラ。超音波で頭が割れそうになっていたパラ。

超低周波は、血圧上昇やめまい、そして動悸や頭痛、耳鳴り、吐き気、不安などの症状を生み出すことで知られている。この調査の結論は強力超音波が原因だった。でも別の原因が眠っているかもしれない。

やっぱりわたしはがはんにんだと思うよ~・・・。だってあの穴って”ぬ~べ~”で鬼が出てくる穴にそっくりなんだもん・・・。