エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

視力検査で1.0も本当は0.4の可能性が!

シェアする

目が悪くなったら眼鏡屋に行きますが、そこで視力検査を行います。実は視力検査で1.0でも、実質は0.4の恐れがあると言います。

スポンサード リンク

視力検査の1.0は0.4の可能性あり

わたし視力検査で2.2あったよ~♪わたしってほんとにすごい☆彡

2.2はすごい。でも実際は少し低いかもしれないぞ。視力検査で1.0の場合は0.4が本当の数字の可能性があるんだ。

どういうことパラ?初耳学パラ。

視力検査に原因があるぞ。ポイントは実用視力だ。視力検査と実用視力はまったくの別物なんだ。視力検査をしていると、できるだけいい数字を出そうと目を細めて見たりする。そのときに一瞬でも見える場合がある。でもこれは日常的に使う視力ではない。

あるあるネタ☆彡目をほそめたらよ~く見えるようになるんだよ~♪でもたしかに”日常的の目”じゃない☆彡

視力検査には実用視力測定がある!通常の視力検査に”時間”を加えて連続的に測定していく方法なんだ。一般的にはあまり視力検査と実用視力検査の違いは現れないけど、極稀に1.2の人が0.08に落ちることもある。

下がりすぎパラ・・・。

この場合はドライアイが原因かもしれない。目は涙がレンズになって光を均一に送り込む役割をしているけど、ドライアイの場合は涙均一に残らずに光が乱反射をして視力が低下をすることがあるんだ。テレビやスマホとの距離が近かったり、まばたきの回数が少なかったり、テレビを見るときに上目遣いにならないように注意が必要だぞ。

目は一生ものだから大事にしなきゃ☆彡

涙をたくさん出して乾燥させないようにするパラ。