エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

魔法瓶の中が鏡になっている驚きの理由とは

シェアする

なぜ?魔法瓶の中は鏡みたいになってる?魔法瓶が長時間の保温ができて外部が熱くならないハナタカ理由とは?

スポンサード リンク

魔法瓶の内側が鏡になっている理由とは

魔法瓶の内側はなんで鏡みたいになってるの~?中にいれたお湯が自分のお湯とにらめっこしてるのかな~?

そんなわけないパラー。

いや、お湯どうしでにらめっこしてるぞ。

ぬぉー!?どういうことパラー!?笑っちゃだめよあっぷっぷパラー!?

魔法瓶は、飲み物を長時間保温してくれる魔法の瓶だ。中身が熱い飲み物でも周りは熱くならない不思議な構造をしている。魔法瓶の原型が生まれたのは1881年のドイツで、ドイツのヴァインホルトという人が、ガラスを二重構造にして熱などが伝わらない事を発明したんだ。

魔法瓶は最初、ガラスだった~☆彡

そして、1897年にイギリスのデュワーという人がガラスの二重構造から金属製のものに変えたぞ。1909年に日本に伝わった魔法瓶は、1978年にステンレス製として日本が開発した。この魔法瓶を半分にカットすると、外部と内部の間に隙間があることがわかる。

なんで隙間があるパラ?

実はこの部分は真空になっている!中身の熱い飲み物の温度が外側には伝わりにくいのはこの真空のおかげなんだ。

外側を持っても熱くないのは真空で熱さを防いでいるから☆彡すごいじゃない♪

宇宙空間は熱を伝道しないのと同じ仕組み。そして、問題の内側の部分は「鏡」のようにピカピカに磨かれている。熱が出ていこうとすると鏡のように反射して中に戻っていく仕組みになっているんだ。

お湯が反射してにらめっこしていたパラ。

うん、真空と鏡の反射効果で二重の熱保温対策をしているのが魔法瓶だ。

鏡は光だけじゃなくて、熱も反射させてたなんてびっくりだよ~☆彡