エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

シャケとサケの違いの差とは

シェアする

全国15歳以上の男女1000人を対象に鮭についてのアンケートでは、「サケ」と読む派が38.2%、「シャケ」と読む派が61.8%との調査結果があります。あなたはどちらで読んでいますか?

スポンサード リンク

鮭の正しい読み方の差って何ですか?

今日のごはんはシャケパラ~♪

ぷぷぷ。サケでしょ~?まったく~、シャケってすごくおもしろ~い♪

シャケっていうパラ。

サケだよ~☆彡

鮭の正しい読方は、「サケ」と「シャケ」どっちも正しい読み方で差はないぞ。でも、広辞苑にのっているのは「サケ」なんだ。サケがもともとの名前で、その後にシャケが派生して誕生した言葉。

なんで二つの読み方になったパラ?

方言でシャケとサケに分かれた

その理由は、江戸弁を使う人たちが「サ行」をうまく発音することができなかったからなんだ。訛って「サケ」のことを「シャケ」と読んでしまったことが始まりだといわれているぞ。

生存判断で分かれるサケとシャケ

でもでもでもでも、関東以外にもサケをシャケと読んでる人も多いじゃない?

うん、そこで二つ目の説だ。生きている魚の状態をサケで、食べる時の状態をシャケと呼ぶ説がある。

牛と一緒パラ!生きてるときは「ウシ」パラ。食べるときは「ぎゅう(にく)」になるパラ。

切り身と加工・アイヌ語で分けられるサケとシャケ

この他にも、切り身の状態を「サケ」で、加工したものを「シャケ」と読む説や、アイヌ語で鮭のことを「サクイベ」や「シャケンベ」と呼ぶことから「サケ」や「シャケ」が生まれた説もある。そして、平安時延期式にかかれているものには、「サケの干物を120匹収めるように」とかかれている。平安時代にはサケが一般的だった。サケは裂けやすいという理由からなんだ。

もう、わかし頭がプチパニック中だよ~☆彡

要するに、サケは「サケ目サケ科サケ属」でサケが正しい読み方。でも、サケでもシャケでもどっちでもいい!