エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

ネジのプラスとマイナスの違いと使い分け

シェアする

ネジのプラスとマイナスはどう使い分ければ正解なのでしょうか?ハナタカになれる理由とは?

スポンサード リンク

ネジのプラスとマイナスの違いと使い道

ドライバーにはプラスマイナスがあるパラ。ネジにもプラスとマイナスがあるパラ。なんでパラ?

ネジは15世紀に発明されたとされていて、その当時はマイナスだけだった。1935年に米フィリップス社がプラスねじを開発して特許を取得。マイナスネジよりも頑丈に固定できるプラスネジが一気に広まっていったぞ。

マイナスネジがさきに生まれていたパラ。

プラスネジとマイナスネジは、ネジを使う場所の汚れやすさで使い分けているぞ。プラスネジは汚れが溝につまったら取れにくいけど、マイナスネジの場合は汚れが取りやすい。ネジの中に汚れが詰まると錆びる原因にもなって、ドライバーが入らなくなったりネジが潰れたりする場合もあるから、泥や水垢などの汚れが最初から想定される場所では、比較的簡単に汚れをかき出せるマイナスネジを使用しているんだ。

ちゃんと意味があったパラ。使い分けてたパラ。

現在、世に出回っているネジは9割がプラスネジになっている!でも、汚れやすい場所や水気の多い、汚れやすい場所にはマイナスネジが大活躍しているぞ。