エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

もののけ姫でアシタカとサンのその後は結婚か「結末」

シェアする

もののけ~たち~だけ~♪「もののけ姫」は大自然を舞台に、人間と動物の間を複雑に描くジブリ映画ですが、主人公のアシタカとサンのその後が気になります。二人は結ばれたのでしょうか?

あらすじ

北の果てに住む一族の青年・アシタカは、強い怨念から“タタリ神”という怪物に姿を変えたイノシシから村を守るために矢を放ち、死の呪いを受けてしまった。

村の巫女・ヒイさまは、西に呪いを絶つ方法があると占い、旅に出たアシタカは、道中で出会った謎の男・ジコ坊から精錬所“タタラ場”とすべての生命を司る“シシ神の森”の話を聞き、それらがあるという西へ急いだ。そして道中、森の中で山犬と共にいる不思議な少女・サンと出会うことになり・・

スポンサード リンク

エボシ御前の裏伝説

@satoshi(さとし)6「もののけ姫」の世界観に圧倒された。動物の世界に人間が足を踏み入れていくさまは複雑な気持ちになってしまう。


@Moyapanda8「もののけ姫」の舞台は日本パラ。タタラ場は外から隔絶された場所パラ。本来は女人禁制で、そこで虐げられた娘達を買い、仕事を与えているのがエボシ御前なる女性パラ。 画像 自分たちを救ってくれたエボシ御前を神様のように敬う女の人たちが印象的だったパラ。


@satoshi(さとし)9タタラ場で女性たちを率いるエボシ御前は、都市伝説ではよく取り上げられている。エボシは、タタラ場にやって来る前には海外にいたらしい。幼い頃に、異国に売られて中国で倭寇の親分に買われたんだ。そして親分を殺して金銀を奪い、日本に戻ってきた。人身売買の被害者だったから、同じ境遇にいる娘たちを見て見ぬふりはできなかった。


@Kaede(樺楓)13でもエボシは冷たい顔も持っているよ。生きていくためには弱肉強食だということも身にしみて感じているのかも。


もののけ姫でその後を感じさせる意味深なラスト

@Moyapanda10ラストシーンは、サンは森で、アシタカはタタリ場で暮らそう、と発言しているパラ。2人は別れたパラ?


@Kaede(樺楓)19そんな~、二人はお似合いじゃない。せっかくいい感じになったのに・・・サンも信用できる人間アシタカを見つけたのにもったいないよ~。絶対付き合うべき!


@satoshi(さとし)5サンとアシタカはそれぞれ別の場所で生きることを決めたが、「文化の違いを融合も対峙も無く、共生の道を開くことができたから」と言われている。動物と人間は敵対し合っていた。異なる文化を持ち、異なる集団に属する者が共存せずに、それぞれの生き方を貫いたら、対立や争いを起こすことはない。


婚約者の存在「カヤ」

@Kaede(樺楓)15あれ?ちょっと待ってよ~、そういえば一族の長の候補でもあったアシタカには同じ村に住むカヤっていう人がいたよね~?アシタカはサンと離れた後に村に戻ったの~?


@satoshi(さとし)4カヤはアシタカを「兄様」と呼んでいたが、妹ではなく婚約者なんだ。兄様という呼び方は、村全体の年長の若者を意味した呼び方だ。アシタカは、エミン族の17歳の少年で村の長になると期待されていたが、アシタカの性格上、村に戻る可能性は非常に低い。

アシタカが村を旅立つ時にカヤが贈った小刀は、村の女性が純潔を誓うしるしの贈り物でもあるが、アシタカは髪を切ることで「二度と村には戻らない」という明確な決意をして旅立っている。


@Moyapanda8出家の儀式パラ!


@satoshi(さとし)3そしてカヤがアシタカに贈った小刀はサンの手にあり、それを手放した時点でアシタカにはカヤのもとに戻る意思はほとんどないと考えられる。


@Kaede(樺楓)6アシタカっていい男風に見えるけど、カヤの気持ちがこもったお守りの贈り物をサンにあげるなんて、実は罪な男!


@Moyapanda1宮崎監督はなにかヒントを出していないパラ?


@satoshi(さとし)10宮崎監督はインタビューでこう答えている。


彼らはずっと良い関係を続けていくだろうと思います。それから、サンが生きていくために、アシタカはいろいろな努力をするだろうと思います。

同時に、タタラ場の人々が生きていくためにも、大変な努力を払うだろうと。そのために、アシタカは引き裂かれて、傷だらけになるだろうと思います。それでも彼は、それを曲げずに生きていこうと思って、両方を大切にしようと思い続けるだろう。

だから、彼の生き方は、私たちが今の時代を生きていく生き方に、共通するんだと思うんです。

サンとアシタカは結婚?とその後の結末

@satoshi(さとし)9都市伝説では、カヤが将来の結婚相手だったにも関わらず、アシタカはサンと出会って惹かれ、そしてサンに告白したことで、その後サンと結ばれたと言われている。

元は呪いを解くための行動だったが、断髪をして出家の儀式”をした時点でカヤと結婚する気はなくなっていたとも言えそうだ。そこにサンと出会い惹かれていった。アシタカは呪いを解く為にタタラ場に来たが、最後には呪いのアザも消えて森も自然を取り戻す。その後、サンに「タタラ場で共に暮らそう」と告げていた。


@Kaede(樺楓)9でもでも!呪いが解けたなら村に戻ればいいじゃない。断髪して決心したからっておかしいよ!


@satoshi(さとし)4アシタカは旅の中で侍の戦にも巻き込まれている。もしも村に戻るとこれまでの旅で起きてきた“恨み”から故郷が侵略される可能性がある。エミシ族は何世代も同じ血縁で築き上げてきたが、責任感の強いアシタカは村に災いが訪れると考えて、戻る選択肢を考えていなかったと思われる。そしてタタラ場では、エボシを含め村人にお世話になった恩として村の復興を手伝うのが彼らしいシナリオだ。


@Moyapanda9サンはタタラ場で暮らさないパラ。森で暮らしているパラ。サンとアシタカは結婚したけど、サンは森でアシタカはタタラ場で暮らして会いたいときに会っているパラ。アシタカは人間と動物が再び争いを起こさないように距離を保つ救世主になっているパラ。


@Kaede(樺楓)17別居ってことね。


関連もののけ姫「こだま」の正体&トトロになる衝撃!