エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

露天風呂の屋根は藻を防ぐ目的に納得

シェアする

寒い季節に恋しくなる露天風呂。雨や雪を防ぐ屋根には意外な目的があります。実はアレの繁殖も防いでいたのです。日本人の3割しか知らないと言われるハナタカ目的とはいったいどのような理由なのでしょうか?

スポンサード リンク

露天風呂に雨と雪対策で屋根をつける

露天風呂最高最高最高だよ~♪寒い日にあったかいお風呂で雪を見ながらはいれるなんて最高だよ~♪

日本には春夏秋冬の四季を感じることができるから、冬に限らず1年中露天風呂から見る景色を楽しむことができる。

露天風呂はストレス解消リフレッシュできるパラ。屋根もついて雨と雪の心配もないパラ。

うん、露天風呂の屋根には重要な役割がある。本来は自然と一体化したお風呂を目指しているから露天風呂に屋根をつけないものだ。でも天候を気にせずに入りたいなら屋根は絶対に必要。

露天風呂にはいっているときに大雨が振ってきたら急いででなくちゃいけないから屋根がなかったら大変だよ~。

屋根がなかったら雨の日は露天風呂にいくかどうか考えてしまうパラ。

景観を十分に楽しんでもらうために、露天風呂全体じゃなくて一部分に限定して屋根を作るといった工夫もされているぞ。

藻(苔)の繁殖防止と温度を保つ

雨や雪対策に屋根を付けている以外にも重要な役割が屋根にはあるんだ。温泉には”藻”という厄介な植物プランクトンがいる。温泉藻が有名で50度から80度の高温でも生きられる特性を持っているぞ。

人間より熱いところも大丈夫パラ・・・。

人間だと”ゆでダコ”になっちゃうよ~。

藻は温泉に含まれる豊富なミネラルと光で光合成、そして植物だから二酸化炭素を摂取して繁殖を繰り替えている。この一つでも欠けていると藻の繁殖を大幅に遅らせたり、繁殖させなくできる!

露天風呂にある屋根で光を遮れば藻が増えないパラ。

藻がふえてつるつるすべったらあぶないから屋根の役割が大きい♪ぷぷぷ、でもフィギュアせんしゅなら藻がふえて欲しいかもね!

つるつるスケートするパラ。

そしてもう一つは湯船の温度を保つ役割もしている。雨や雪が温泉の中に入ると温度が下がってしまうんだ。天然露天風呂の場合はその日によって入れなくなってしまう。湯船の温度を一定に保つことでいつでもお客さんが入れるように屋根を作っている場所もあるぞ。