エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

お払い箱の本当の意味は、賽銭箱のこと

シェアする

「お払い箱」、どういう意味で使用していますか?多くの人が“不要なもの”という意味で使用していると思います。なぜこの言葉が使われるようになったのでしょうか?そもそも本当に、もともとこのような意味なのでしょうか?

スポンサード リンク

お払い箱の本当の意味

@Moyapanda12そろそろこの鉛筆はお払い箱パラ。


@satoshi(さとし)5“お払い箱”の本当の意味を知っている?お払い箱は元々「お祓い箱」と書いていたんだ。「お祓い」の賽銭箱から「お払い」がきたと言われて、伊勢神宮がお札を配るときに入れていたお祓い箱が由来になっているという有力な説がある。

お祓い箱の中の札は毎年新しい札に取り替えるが、お札を焚き上げして前の年に買った守り札は新しい年は別のものを用意しているぞ。


伊勢神宮と御師の関係

江戸時代頃まで「御師(おし)」と呼ばれる人たちがおり、参拝者の案内や宿泊の世話など、神社やお寺のツアーガイドをしていました。

中でも伊勢神宮の御師は特別で、他のものと区別して「おんし」と呼ばれていました。当初は宿の世話や案内をするだけだった御師は、のちに日本全国へと営業に出かけていき、参詣者を招き入れる活動を始めます。

積極的に参拝者を集めていた伊勢の御師は、自分の受け持ちである参拝者に、お札や、祓い串、薬などを入れた箱を配っていたのです。この箱こそが「お祓い箱」

@satoshi(さとし)4この「お祓い箱」には、お札や薬などが入っていたから「御祓いを受けたとてもありがたい箱」として大切にしていた。でも毎年新しい札の入った新しい箱が配られるから、古いお祓い箱は不要なものを入れる箱として使われていくことになる。


@Kaede(樺楓)14っということは~、毎年新しいものに取り替えられる「お祓い」「お払い」をもじって不要なものを捨てる意味で「お払い箱」って使うようになった♪


@Moyapanda8不要になった古いものを捨てて、新しいものを用意する意味パラ。本来はポジティブなニュアンスがあったパラ。


@satoshi(さとし)10今は捨てるだけの意味が強くなっているからな。時代と共に意味合いが変わっていったようだ。


波羅夷説

@satoshi(さとし)9ちなみに、サンスクリット語の「波羅夷(はらい)」が転じて生まれた説もある。


@Moyapanda10「波羅夷」ってなにパラ?


@satoshi(さとし)6「波羅夷」は、仏教の戒律の中で最も重い刑罰のこと。つまり、仏の世界から追放することを意味しているんだ。


@Kaede(樺楓)18今の「お払い箱」の意味はどっとかと言えば、こっちの方が強い気がする。