エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

卵のMとLサイズ(S・M・L)意外な違いとは

シェアする

どんな料理にも使用されることが多い卵。卵を買う時にどの卵を買いますか?っというのも「S・M・L」のサイズがあるため。このサイズは卵の大きさですが、実は黄身の大きさにほとんど違いがありません。

スポンサード リンク

Mサイズの卵とLサイズの卵の違い

MP1たまごの大きさっていろいろあるけど、どれがお得パラ?やっぱりLサイズパラ?


MPST1タマゴのサイズ表示は、取引規格によって管理されていて、1個の重さによりSSサイズからLLサイズまで6段階に分けられているんだ。


卵のサイズの表記法

◎LL 70g以上 76g未満
◎L 64g以上 70g未満
◎M 58g以上 64g未満
◎MS 52g以上 58g未満
◎S 46g以上 52g未満
◎SS 40g以上 46g未満


MPST6「S・M・L」とあるけど卵の大きさにかかわらず、黄身の大きさにほとんど違いはない。では何がそんなに大きいの?それは白身の部分になる。黄身の大きさはどのサイズも変わらないから卵の白身の部分が多いことになるんだ。


MP5Lサイズが大きくてお得かと思いきや、実際に人気があるサイズはMサイズパラ。Mサイズをついつい買ってしまう人もいるけどなんでMサイズが人気パラ?


MPST4扱いやすい手頃な大きさやそのサイズが需要が多い(よく売れている)のが人気の原因だ。日本人特有の集団心理もあるかもしれない。Mサイズの卵とLサイズの卵の違いの差は、白身の量。また鶏の年齢により大きさも4~5ヶ月がSサイズ、6~12ヶ月がMサイズ、1年以上がLサイズに分けられる。


卵を使う料理で買うサイズを考えよう!

MPST2この異なるサイズをどう生かすのか?それは料理の方法によるんだ。作る料理に合わせて使用する卵のサイズを選べばいいんだよ。

例えば、ゆでたまごならMサイズ、すき焼きなら白身の多いLサイズ、卵かけご飯ならMサイズやSサイズ、目玉焼きにはMサイズ、そしてタマゴは大きくなるほど卵白や水分が多くなり、卵黄比は低くなる傾向があることから、メレンゲを使用したケーキやお菓子などを作る際には卵白の量が多くなるLサイズ以上を使うのが適している。そして玉子焼きはLサイズが適している。