エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

ゼリーがパンパンに入っている本当のハナタカ理由とは

シェアする

ゼリーは多くの人から愛されている食べ物ですが、開封したらパンパンに入っています。思わず汁が飛んでしまう人も多いのではないでしょうか?パンパンに入れる必要はあるのでしょうか?日本人の3割しか知らないと言われているハナタカになれる理由とは?

スポンサード リンク

ゼリーがパンパンに入っている理由

ゼリーおいしくて最高最高最高だよ~♪赤色でしょ~、緑でしょ~、黄色でしょ~、カラフルで最高最高最高だよ~☆彡

ゼリーは美味しいパラ~♪”ヌルっ”って感触がクセになるパラ~♪でもパンパンに入ってるのはなんでパラ?

”まんたん”にはいってる方がいいじゃない♪

ヨーグルトやプリンは満タンに入ってないパラ。

酸化を防ぐため

ゼリーがパンパンに入っている理由は、酸化を防ぐためだぞ。カップの中に少しでも空気があると、ゼリーが酸化して品質が悪くなってしまうんだ。

真空にすると衛生的パラ。でもそれなら空気を抜いて密閉したらいいパラ。パンパンに入れなくてもいいパラ。

保存期間を伸ばすため

ヨーグルトやプリンは、蓋と中身の間に隙間があるけど、長期間品質を保つのが難しい。出来るだけ早く食べないと賞味期限を過ぎてしまう。真空にしていないものは冷蔵保存で3カ月くらいが限度かも知れない。でも、パンパンに入ったゼリーは、常温で6~10カ月ほども保存が出来るぞ。

衝撃から守る

そして、ゼリーがパンパンに入っていることで、ぷるん!の食感を維持しているぞ。運搬する時の衝撃から守る効果もあるんだ。

なるほどパラ。ゼリーがパンパンに入っているのはお得感じゃないパラ。意味があったパラ。

ちなみに、ゼリーを開けるときに汁が飛び出してしまう人がいるけど、コツをつかめば綺麗に蓋を開けることができるぞ。パッケージにも「開封時の液こぼれにご注意ください。カップ上面部縁を押さえてやさしくOPEN」と書かれている。ゼリーを平らなところに置いて、左手でカップの縁を押さえよう。右手で引き上げて真ん中くらいまで開けたら、左手で縁の位置を変える。水平に保つこと、ゆっくり丁寧にはがすことがポイントだぞ。