エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

ブラキューラ(淡水エイ) 恐怖の正体

シェアする

絶滅寸前の淡水エイ「ブラキューラ」と呼ばれる怪魚が、アルゼンチンの川に潜んでいます。体は円盤型で全体に斑紋があり、体に比して極端に尾が短い。尻尾には毒針を持ち、最大で2mにも達するものもいるという。思わず「何だコレ!?」と言い出しそうなミステリー満載の生き物ですが、自然界での数が激減し、その生態は謎に包まれています。その正体とは?

スポンサード リンク

恐怖の淡水エイ「ブラキューラ」の正体とは

エイは恐ろしいパラ・・・。尻尾に毒をもっているパラ・・・。

あの尻尾をふりまわして攻撃するってきいたよ~・・・。まさに海のモンスター☆彡動きもなんだかモンスターっぽいし♪

エイはにいるイメージが強いけど、海と川の水が混ざり合う汽水域の河口付近と、完全淡水エリアにもエイはいるぞ。

エイは海・汽水・淡水どの場所でも生きているパラ・・・。最強パラ・・・。

でも、陸の上はむりだよね~☆彡なんだかわたし、エイに勝った気分♪

淡水エイはアハイア・グランディブラキューラ(ブラキュウラ)とも呼ばれているんだ。 画像 画像

ブラキューラ~、舌をかみそうな名前☆彡

このエイは淡水で飼育が可能だから、観賞用の魚として人気が高い。でも、輸送方法を慎重にしないとすぐに弱るから飼育は難しいと言われているんだ。ちなみに、コウモリのように突然変異をするらしく、バットマンなんて異名も持っているぞ。

エイは大きなイメージがあるパラ。ブラキューラも大きいパラ?

大きさは2mで重さは300kgっていう情報があるけど、まだまだ大きな淡水エイが潜んでいる可能性がある。タイのメコン川にも淡水エイはいるけど、幅は2.4メートルで体長は4.3メートル、体重は318キロから363キロになる巨大エイが捕獲されたことがあるんだ。これは世界記録のレベル。

完全にエイリアンじゃない・・・。

アルゼンチンのエイもタイのエイも大きいパラ・・・。

エイが持つ毒の恐怖は日本でも・・・

巨大淡水エイは国際自然保護連合(IUCN)で絶滅危惧種に指定されている。保護する法律がないから急速に減っているそうだ。そして、エイは日本の海にもいるから気をつけよう。エイから人に攻撃してくることは稀だけど、海水浴でエイを踏んでしまい毒針が刺さってしまう恐れがある。実際にこういう事故は多い。

痛そうパラ・・・。

うん、かなり痛いらしい。皮膚も腫れるし、毒性が強い大きなエイだと、呼吸困難で死亡する場合もある。エイの毒はタンパク質毒素と呼ばれるもので、細胞を壊死させる力があるぞ。めちゃくちゃ危険だ。

釣りをする人も多いじゃない?釣りでエイも釣れるのかな~?

釣りをしているときにもたまにエイがひかかる人がいるけど、重くて大変なんだ。例えばこの動画とか。このサイズでこれだけの力がいるから、2mを超えるエイをひきあげるのはとっても大変だ。

エイドリアーンパラー!

関連恐怖!エイの裏顔かわいい♪干物は衝撃ホラー!