エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

目が疲れやすいのは黒目の位置が原因

シェアする

目が疲れやすい人と疲れにくい人の差は、黒目の位置に問題があるかもしれません。

スポンサード リンク

黒目の位置が、目の疲れやすい判断基準になる!?

目が疲れやすいのは黒目の位置が関係してるって聞いたパラ。どういうことパラ?

通常の人もだけど、特に近視の強い人は、目が寄ったり、目を動かす神経や筋肉の異常のために黒目の位置がずれる人がいるんだ。子どものときには目が疲れなくても、大人になると視線を合わせるのに疲れを感じて、それが原因で肩凝りや頭痛になることがある。目を閉じたときに黒目が外に向いていると要注意だ。

スマホ・パソコン・ゲームで目が疲れている人は多いパラ。

深夜まで続く残業の書類を見るだけでも目が疲れてくる。目はとてもデリケートで疲れやすい。まぶたを閉じると外の景色が見えないからリラックスをした状態になる。目を開けると、外側に向いている目が筋肉を使って目を真っ直ぐに保っているから、夕方になると目が疲れてくるんだ。ちなみに、2人に1人はこのような目になっているといわれているぞ。

目の疲れを確認する方法

目の疲れを確認するにはどうしたらいいパラ?

目が疲れやすい状態かを確認する場合は、小さな棒などの先にサイコロ型の四角いものをつけて、じっと見つめると分かるぞ。サイコロにはイラストを描いておく。このときに目が寄せ目になっていたら目が疲れにくいことになる。逆に寄せ目ができない人は疲れやすい目をしている。他にも方法がある。


用意するもの

◎鉛筆
◎スプーン

1・・・
スプーンで片目を隠す

2・・・
鉛筆の先端を両目で見る

3・・・
5秒かぞえながら鉛筆を左右に動かす

4・・・
5秒たったら目隠ししていたスプーンを外す

5・・・
この時に隠していた目を確認する

黒目が外側から内側に向いた人は疲れ目になっています。


疲れ目を簡単に治す方法

疲れ目を治したいパラ。

疲れを低減させる目薬を使うと良いけど、上下左右、遠く近くを見るのもいい。でも、もっと簡単にできる方法があるぞ。1時間に1分間、目を閉じるだけだ。目を閉じるだけで目の周りの筋肉がリラックスする。緊張がほぐれて黒目の位置が元に戻り、疲れにくくなる。

黒目が外側に位置している人は寄せ目の状態が続くと目の周りの筋肉が疲れてしまうパラ。

筋力の衰えで眼球を元の位置に戻せなくなるためだ。目の体操や目をリラックスさせることが大切。

黒目の位置を正しく戻すと、疲れにくくなるかもしれないパラ。