エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

動物園の餌はエンリッチメントでワザと取りづらくしている!

シェアする

動物園の餌はワザと取りづらくしているところもあります。一体なぜこのようなことをするのでしょうか?誰もが驚く初耳学の理由とは?

スポンサード リンク

エンリッチメントで動物を生き生きと

わたし動物園大好きなんだけど、昔と今で展示のしかたがちがうよね~?昔はオリにはいってる動物が当たり前だったんでしょ~?でも今はオリの展示が少なくなってるじゃない。

長い間、動物園は土や植物のあるところで動物を飼うのは、タブーとされてきたんだ。

ぬぉ?なんでパラ?土や植物があったほうが見た目がきれいパラ。

動物園はこれまで動物たちを長生きさせて、繁殖できる環境「種の保存」を整えることが最重要課題だった。でもそれには「病気」という天敵がいたんだ。病原菌をはびこらせないためには、動物の糞や食べ物の残りを毎日しっかりと掃除して、時には消毒をすることが大切だ。それにはコンクリートの方が都合がよかった。

う~ん、土をいれたらばい菌がふえる~?

土はバクテリアを生み出していい状態に保つこともできるけど、雑菌が繁殖しやすいデメリットもある。土は動物園にとって排除すべき対象だったんだ。そして、シカやシマウマなどの草食動物は、植物を食べてしまう。草は根こそぎたべて木の皮を食べられてしまうから、すぐに立ち枯れしてしまうぞ。

草はおいしいパラ。とくに笹の葉は最高パラ。霊長類の飼育でも草はダメパラ?

草を食べない霊長類は大丈夫だと思いそうだが、実は手先が器用な霊長類は、暇つぶしに草を抜いて遊ぶことがある。ライオンやトラなどの一部の動物以外は難しい展示方法だ。

いまは草と木がたくさんある中で飼育してる動物園が多いパラ。どういうことパラ?

定期的に草の種を植え付けているぞ!木の皮が食べられないように柵や網で囲っている場所もある!これはエンリッチメントだ!例えば、ズーラシアは多くの動物が生態展示されているけど、生態展示はその動物が生活する場所を模した展示方法のこと。ズーラシアもエンリッチメントを用いた展示に力を入れている。

エンリッチメントってな~に~?

エンリッチメントは、動物を退屈にさせない色々な工夫をしているやり方のことなんだ。動物が活き活きと楽しんでくれれば何でもエンリッチメントになる。ズーラシアでは、餌を数回に分けて与えたり、餌を隠すなどのエンリッチメントを行っていて、動物を飽きさせない工夫をしているぞ。


環境エンリッチメントは、飼育動物の正常な行動の多様性を引き出す方法です。異常行動を減らして、動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われます。 飼育動物の福祉を向上させるもっとも強力な手段の1つとして世界中で注目をされています。


自然界の野生動物は常に餌を探してるパラ。自分で餌を探す楽しみで生き生きした姿が見れるパラ。コンクリートのオリの展示は人間に都合がいい展示方法パラ。土と草と木がいっぱいの自然と一体になった展示方法は動物のことを第一に考えた見せ方だったパラ。