エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

ひな祭りの歌詞は間違い!本当の意味&悲しい物語

シェアする

3月は女の子がウキウキしてしまう月です。っというのもひな祭りがあるから。押し入れにしまっていた人形を出してあげて歌を歌いながら祝う人も多いのではないでしょうか?もちろんその歌は“うれしいひなまつり”

スポンサード リンク

ひな祭りの歌が嘘!?

おだいりさ~ま~とおひなさま~パラ♪

その歌詞には秘密が隠されているぞ。

ぬぉ?どういうことパラ?

誰しも一度は聞いたことがある“うれしいひなまつり”という曲、実はひな祭りの歌の歌詞には間違いがあるんだ。


「1番」
あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り

「2番」
お内裏様と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした ねえさまに
よく似た官女の 白い顔

「3番」
金のびょうぶに うつる灯を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
赤いお顔の 右大臣

「4番」
着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り

2番目の秘密

一つ目の間違いは2番目の歌詞に隠されています。「お内裏(だいり)様とおひな様~二人並んですまし顔~」という歌詞があります。

内裏とは、天皇の私的区域のことを差しており、御所、禁裏、大内などの異称もあります。紫宸殿と呼ばれる場所があり、天皇元服や立大使、そして節会などの儀式が行われ、雛人形は紫宸殿で行われる、天皇と皇后の結婚式を模したお飾りです。


お内裏様=男のひな人形、おひな様=女のひな人形を指していると思いがちだけど、お内裏様という言葉は男のひな人形と女のひな人形の両方を指す言葉だ。また、おひな様という言葉もひな人形の全てを指している言葉なんだ。「二人並んですまし顔」という歌詞があるために間違った認識として広まってしまった。


◎お内裏様=上段2人形
◎おひな様=人間すべて


びっくりパラー!他にも間違いはあるパラ?

3番目の歌詞にもある。


3番目の秘密

3番目の歌詞の中にも秘密があります。「すこし白酒めされたか~赤いお顔の右大臣」という歌詞がありますが、右大臣(若い人形)の顔は白い顔であり、赤い顔なのは左大臣(老人の人形)になるのです。左右の顔の色が間違っています。


ひな祭りの歌に隠された悲しい物語

ひな祭りの歌には間違いなどが隠されていたけど、実は歌詞に隠された悲しいエピソードも存在するんだ。2番の「お嫁にいらした姉さまに よく似た官女の白い顔」という部分に注目してみると、「官女」というのは、宮中に仕える女官のことで、この部分の歌詞に「お雛様の歌なのに、なぜお姉さんを女雛に似ているといわないの?」と疑問に思う人もいると思う。

たしかにそうパラ。なんでパラ?

その理由は、作詞者であるサトウハ チローの実の姉への鎮魂歌という説がある。サトウハ チローのお姉さんは、嫁入り前の18歳という若さで結核を患い他界してしまったそうで、サトウハチ ロー自身の「雛人形をみるとお姉さんを思い出して恋しい」といった思いも込められたことから、あえて官女の白い肌をお姉さんと似ていると表現したと言われているんだ。


鎮魂歌とは

鎮魂歌(ちんこんか)とは、死者の魂をしずめるための歌のことを言い、レクイエムとも呼ばれています。


「うれしいひな祭り」のタイトルとは対照的パラ。落ち着きのある曲調に仕上がっているパラ。

「白い肌」は美しさの象徴といわれているから、お姉さんは自慢するほど綺麗な人だったと想像できる。ひな祭りの歌には、「嫁ぎ先が決まった直後に、結核にかかり、亡くなってしまった姉」も隠されているぞ。