エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

湯呑みの取っ手がない理由

コーヒーカップやティーカップには取っ手が付いていますが、湯呑みには付いていません。一体なぜ?

スポンサード リンク

湯呑みに取っ手が付いていない理由

お茶をもってきたぞ。

ぬぉー!!熱いパラー!

そういえばコーヒーカップには取っ手がついてるよね~?でも湯呑みには付いていないじゃない。どんな理由があるのかな~?

湯のみの由来は「湯のみ茶碗」の略なんだ。茶碗は、奈良時代から平安時代にかけてお茶と一緒に日本に伝来した、お茶専用の陶磁器を指している。でも時代が進むに連れてだんだん「お茶専用」ではない陶磁器も作られるようになった。そして◯◯茶碗・茶碗○○というように、その用途を表す言葉をつけるようになったんだ。それが湯のみ茶碗やご飯茶碗や茶碗蒸し。

”茶碗”を使った言葉はたくさんあるパラ~。そういうことだったパラ~。

っで、問題の湯のみの取っ手がない理由は、取っ手があるものと比較をしてみたらすぐに分かるぞ。マグカップだと、熱い飲み物を入れても取っ手を持って飲むから、手が熱くならならずに飲むことができる。でも、それは熱い飲み物をそのまま口に運んでしまう危険があるんだ。

手に熱いしげきがないから口に入れてはじめて熱いって感じる☆彡わたしたくさん経験してるよ~☆彡猫舌じゃないんだけどほんとに熱くてびっくりしたよ~☆彡

湯のみは取っ手がないから、持ち運ぶときに手の平で中に入っている飲み物の温度を感じることができる!手に持てないような熱さだったら、もうちょっと冷ました方がいいって判断ができるんだ。

なるほどパラ!手の感触でお茶の温度を確かめる役割があったパラ!火傷しないようにだったパラ。

日本茶の適温は、60〜80度と言われているぞ。玉露などの高級なお茶は、最も飲み頃の温度が60℃。湯のみに手を触れて人肌程度の温度が適温だ。80℃が適温の番茶は熱いから、湯のみの上部と底を持って飲むようにしよう。