七夕一覧

七夕を「たなばた」と読むのはなぜ?

7月7日は七夕。織姫と彦星が、年に一度だけ天の川を挟んで出会える日で、笹の葉に願い事を書いた短冊を飾ります。七夕を「しちゆう」や「なながた」など訓読みや音読みなどを合わせていた人も多いのではないでしょうか?七夕と書いて「たなばた」と読むのはいったいなぜ?

七夕の由来と飾りの意味とは

地域の伝統により多少日にちはずれるものの、一般的に7月7日は七夕です。織姫と彦星が、年に一度だけ天の川を挟んで出会える日で、笹の葉に願い事を書いた短冊をくくりつけます。ではなぜこのようなことをするようになったのでしょうか?その由来とは?また、短冊の意味も見てみましょう。