エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

南米ペルーで妊娠した宇宙人のミイラ発見か!?

シェアする

南米ペルーにはUFOや宇宙人の新情報が後を絶たない場所です。ナスカの古代墓の中から発見されたミイラがエイリアンのものではないかと注目をされています。さらにそのミイラには驚くべきことが発見されたのです。

スポンサード リンク

エイリアンが妊娠!?卵を身ごもる未確認生物

エイリアンってどうやって増えてるパラ?赤ちゃんが生まれるパラ?急に分裂するパラ?

アメーバみたいに分裂して増えるかもしれないし、オス・メスがいないと増えられないかも知れない。そもそも固定数が決まっていて”死ぬ”という概念自体がないかも知れない。宇宙生物は謎だ。

宇宙は広いパラ~。

でも、南米ペルーで妊娠した宇宙人のミイラが発見されたぞ。

ぬぉー!?宇宙人は妊娠するパラー!!?

南米ペルーで発見された得体の知れない生物にX線写真など様々な分析を専門の調査機関が行った。その結果、このミイラには骨格がきちんと存在していて、人間よりも爬虫類に近い特性を備えていることが判明したんだ。爬虫類型宇宙人であるレプティリアンの説が浮上した。 画像

爬虫類人間・・・、目が怖いパラ。

そして、改めてCTスキャンで分析した結果、ミイラの中に卵が入っていたことが判明した。ミイラの研究に協力しているエドソン・サラザール・ヴィヴァンコ博士は、今回調査されたエイリアンのミイラについて、「今回の調査にて、骨盤腔に謎の有機物が存在している事が判明した。その位置から、この生命体の最後の食事だったかもしれないし、妊娠していたのかもしれないと考える事ができる」と語っている。

食べ物・・・妊娠・・・どっちパラ・・・。

研究者のデ・ラ・クルス・リオス氏は、「骨盤腔には有機物で構成されている半透明の物体が存在している。卵である可能性が高いのでは」といっているぞ。骨格的に爬虫類が強いなら卵の可能性も十分にある。地球上の進化の過程で突然変異により人間そっくりの爬虫類人間が出現していたかも知れないし、宇宙人生物レプティリアンかも知れない。

謎謎謎謎パラ・・・。宇宙は海よりも広いパラ・・・。