エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

AEDは心臓を止める機械の衝撃事実!

シェアする

目の前で人が倒れたらどうしますか?しかも心肺停止の状態です。真っ先にAEDを頭の中で思い浮かべましょう。

スポンサード リンク

AEDは心臓を止める機械

医療ドラマにたくさんでてくるあの機械ってな~に?身体にペタペタはってるけど?

あれはAEDという機械だ。使用しない場合は生存率が10.6%だが、AEDを使用すると生存率が50.4%に跳ね上がる。AEDがあると助かる命が増えるんだ。

AEDはすごいパラ!あの機械で心臓を動かすパラ!

いや、結果的に心臓を動かす機械ではあるが、AEDは心臓を止める機械だぞ。

え?心臓がとまったら死んじゃうじゃない。わたし頭の中に”???”がたくさん浮かんでるよ~。

心臓を動かす機械なのに心臓を止める機械・・・パラ。ワケワカメパラ・・・。

AEDのAは自動(Automated)、Eは体外式(External )、Dは除細動器(Defibrillator)の略語だ。心停止は心臓が止まっている状態じゃなくて、心臓が痙攣をしている状態を指す。心臓発作で倒れると、心臓が不規則な動きをしていて、全身に血液を送ることができなくなっている。そこでAEDの電気ショックを使って、一瞬心臓を止めるんだ。1回心臓の動きを揃えてから規則的に動くようにするのがAEDの役目になるぞ。

へ~驚きの初耳学だよ~♪

心臓を一瞬止めて動かす機械だったパラ。